本人確認を求められるキャッシングの実態

キャッシングの申込をする時は、必ず本人確認をすることができる書類を提出しなくてはいけません。基本的に運転免許証の他に健康保険証や住民票などを提出すれば、本人と確認することができるので問題はありません。もしも本人確認の書類を提出することができなかった時は、本人として断定できないので申込手続きを行えません。

このように厳しいチェックを実施している実態として、悪質な人物に騙されていないかという部分が存在しています。悪質な人物によっては、他人にわざとキャッシングの申込をさせてお金を獲得しようと考えている場合があります。

そこで本人確認をすることで本人なのか判断していき、悪質な人物に騙されていないか確認をしています。現在では当たり前のように本人確認が行われており、キャッシングに関するトラブルに巻き込まれないようにしています。

少しでもキャッシングの利息を

利息と言うのは非常に怖いものではありますが、それでもお金を借りる時には支払うことになります。しかし、少しでもキャッシングをするときには利息を抑えようとする、ということは悪いわけではないのです。

むしろ、物凄くメリットがあることであるといっても過言ではありませんから、これは意識的に行動するべきであるといえるでしょう。そこでお勧めできるのが無利息期間を利用する、ということです。

様々なキャッシングサービスにおいて少なくとも無利息期間を設けていることが多くなっています。ですから、基本的にはこうしたシステムを利用できるような業者をまず選ぶようにする、ということがお勧めできるようになります。そこが基本となるでしょう。

キャッシング契約は何で比較?金利だけ見ていませんか?

キャッシング契約を検討する際、どの会社が良いのか比較して申し込むのが一般的です。一番目に付くのが金利であり、少しでも金利の低い銀行や消費者金融を選択することになります。しかし、現在では銀行カードローンも金利差はほとんどなく、大手消費者金融なら上限金利は18%と横並び状態です。

結果として比較するポイントにはならない状況です。毎月の返済額も銀行カードローンに差はなく、消費者金融も自主規制により5年で完済出来るように返済額が設定されています。では、どこの点を比較すれば良いか悩んでしまいます。実は重要なのは、付帯するサービスであり、それは無利息サービスではありません。

重要なのは借り入れおよび返済時に発生するコストすなわちATMの利用手数料です。銀行なら時間外利用で手数料が発生しないか、消費者金融なら提携ATMで手数料が掛からないか比較することが重要です。特に少額の借り入れと返済においては、利用手数料のウェイトは見過ごせないものになっています。

どこにでも起きている問題なのかもしれません

大手消費者金融のモビットでは最短即日利用ができる便利なキャッシングサービスを提供しています。モビットのキャッシングの基本情報とメリットについて確認していきましょう。

・貸付条件

2018年5月23日時点で利用限度額は最高で800万円、実質年率は3.0%から18.0%とされています。特に利用限度額の高さと最低適用金利の低さに定評があり、まとまったお金をお得に借りることができます。

・在籍確認無しで契約ができる

一般的にカードローンやキャッシングの審査では現在の職場へ在籍確認の電話があり、この在籍確認をパスしなければ契約はできないのですが、モビットの場合Web完結で申し込みをすれば職場への在籍確認の電話なしで契約できます。

レイクALSAのスマホアプリのe-アルサについて

レイクALSAのスマホアプリである「e-アルサ」が2018年の5月から運用されていますが、

これによって、スマホからの申し込みが可能となっただけではなく、スマホ一つでATM取引ができるようになっています。

この方法ですと、なんとカードがなくてもスマホがあれば、ATMに入金を申請することによってお金をそのまま口座に振り込んでくれます。

しかも、e-アルサを利用すると、なんと20時までに必要書類の確認まで完了していることによって、運が良ければ即日融資が可能ということで大変うれしいサービスになっています。

時間がない時や遅くなってしまったときにすぐにお金が欲しいお言うときには大変便利な方法が出来上がったものとみていいと思います。

キャッシングの利息に差はあまりありません。

キャッシングの利息に関して事業者ごとが設定している利息に大きな差はありません。しかしながら、それぞれの事業者は一定期間の無利息サービスやコールセンターによるサポートの充実などを図っているので、利息を考慮して事業者を探す際には、キャッシングに適用された利息率だけでなく、一定期間の無利息サービスについても検討することが重要になります。

この無利息の確認法として事業者のホームページやテレビCM、自動契約機など様々な媒体で確認することができ、特にホームページでは返済シミュレーションといった機能が備わっているので、キャッシングを完済するまでの正確な利息を把握することができるので、参考にすることができます。

どうしてもお金が必要な時の奥の手?

先日犬の散歩をしていたら電柱に怪しげな広告が貼ってありました。その内容は、「車に乗ったまま融資します」というものでした。気になったから自宅に戻り調べてみたら、車金融というものでした。要はマイカーを担保に融資を受けるというもので、車はそのまま乗れることになります。

これが違法か合法かというと、貸金業者として知事の認可を受けていれば普通の街金と同じということになり合法です。ですから総量規制の対象となり、年収の3分の1までしか借りられないという制限を受けます。

ただし車金融は車検証の名義を書き換える必要があり、怪しげな業者なら詐欺られる可能性があります。ですからその業者の口コミなどをよく調べてから利用することをオススメします。

アイフルの変更点をいくつか紹介します

アイフルの公式サイトを久しぶりに見たらいくつかの変更点がありました。まずはイメージキャラクターがバナナマンから大地真央に代わったのはCMで分かっていたのですが、なぜ今更大地真央なのかは謎です。

それはさて置き一番の変更点は、融資限度額が500万円から800万円に増えていることです。アイフルは総量規制の対象のため年収の3分の1までしか借りられませんが、これは一部の高額所得者には有り難い話です。

次に疑問や質問があれば、ルフィアというキャラクターがチャットで答えてくれるサービスが始まっていました。これならわざわざ電話で聞くこともなく初心者に便利なサービスです。

利用者にとって一番のサービスは金利が下がることですが、いつか金利が下がる日が来るといいですね。

キャッシングをする前に他にお金が手に入る方法のことを考える

キャッシングというのはお金に困った時にやるのは当然のことですが、安易に借りれば借金で苦労することも珍しくはありません。

ですがお金がない時には借りていかないと仕方ないですよね。

そんなお金でありますが、キャッシングをする前にどうしてもお金がないのかというのは一度検討してみた方がいいでしょう。

例えば副収入があるかどうかというのも考えた方がいいでしょう。

現在では、インターネットで色々な仕事をしてみたりとやれることはいっぱいあります。

そこからちょっとしたお金を稼いだりもできるのですから、そこから急な費用についてねん出してみたりすることでしのぐことも可能でしょう。

そういったところでもお金が足りないとなったら、初めてキャッシングを利用するというのもいいのではないでしょうか。

モビットの在籍確認の有無

ネット上でカードローン会社を検索すると、様々な消費者金融がヒットします。

それぞれ自社の特徴をアピールして、集客力アップを目指しているようです。

その中の一つにモビットの「在籍確認なし」という広告表示があります。消費者金融を利用する立場としては、勤務先に連絡がない方が心理的には安心できます。しかし、実際にモビットに申し込むと、審査の段階で勤務先に在籍確認の連絡が入ります。担当者の個人名で連絡が入り、細かいことは聞かれないのは他の消費者金融と同じですので他人にバレる可能性は低いですが、広告表示とは少し違うという印象を受けてしまいます。

モビットで在籍確認を省略するには、申し込みの際にオペレーターに相談する必要があります。