消費者金融のキャッシングを利用したい理由

テレビCMなどでも頻繁に見かけることが多い消費者金融ですが、いまいちどのようなサービスを行っているのか把握していない方も多いのではないでしょうか。消費者金融を利用することによって、どのようなメリットがあるのかチェックしてみましょう。

融資を受ける場合は基本的に利息を支払う必要がありますが、消費者金融の場合は条件次第で無利息で利用できるケースがあります。初めての利用の場合や、借入期間が1周間いないの返済などの場合など、無利息になる条件は違いがありますが、利用したい消費者金融で無利息のキャッシングが利用できるのかチェックしておきましょう。

無利息の場合は、元金だけの返済になるので利息を余分に支払う必要はありません。また24時間いつでも利用できるのも消費者金融のメリットだと言えるのではないでしょうか。お金にいつ困っても、消費者金融のキャッシングが24時間コンビニなどのATMで利用できるので安心して暮らす事が出来るのではないでしょうか。

このように消費者金融のキャッシングやカードローンを利用できるシーンは様々です。利用用途が限定されないフリーローンだからこそ、自分の都合に合わせて、上手に活用することが可能なのです。

銀行カードローンを契約する際、利用限度額がコース化されているものは注意!

銀行カードローンは、都市銀行および都市銀行によりローン商品としてのスペックが大きく異なります。金利自体は、大きな差が無いものの、しっかりと商品概要を確認せずに契約してしまうと損をする可能性も生じます。意外に注意しなければならないのが、利用限度額が『コース化されているもの』と『審査結果に応じ10万円毎に決定されるもの』の違いです。

一見すると審査結果により、10万円毎といった小刻みの利用限度額は不便かつ審査が厳しいと考えてしまいます。しかし、コース化すなわち『10万円、30万円、50万円、80万円、100万円、150万円、200万円、…』といったスペックの場合、低い利用限度額が適用されることになります。

例えば、40万円まで本来は借り入れ可能なのに対し、30万円のコースとなり10万円も低くなってしまいます。与信状況により利用限度額の査定を受けたい方は、10万円毎に審査で決定される方がメリットとなります。

また、100万円未満は14.8%、100万円超200万円未満は12.0%と金利が固定されるものもあり、コース化されることで高い金利で借り入れをするというデメリットも生じてしまいます。しかし、利用限度額と同様に金利も審査結果により決まる場合、より好条件で契約出来る可能性があります。

そのため、銀行カードローンの契約を検討する場合、利用限度額がコース化されていないものの方が、利用限度額や金利という面でお得な場合があります。もし、カードローンを比較する場合は商品概要を隅々まで確認するのがポイントです。

キャシング契約は必要最小限に!契約件数と借入金額の増加は各種ローンの足枷!

キャッシング契約する際、必要最小限に利用限度額を申し込むケースと収入状況に応じて最大限の限度額を希望するケースがあります。借り入れ目的が定まっている場合、必要最小限の限度額に留めることが重要です。キャッシングローンの審査において、他社借入件数や金額には自動車ローンおよび住宅ローンは含まないことが一般的です。

申し込みフォームにおいて、これらのローンを除くといった注意書きがあります。一方、自動車ローンや住宅ローンはキャッシングローンと同様の対応が取られるという訳ではありません。借り入れ金額が10万円を超えること、借入先の件数が2件を超えると審査は厳しく行われることになってしまいます。

そのため、近い将来に自動車ローンや住宅ローンの契約を検討している方は余計な限度額を希望しないのが重要になります。無担保ローンの場合、日常生活に於ける出費の不足分を補う形になってしまうため、高額なローン契約における返済能力に余裕が無いとは判断されてしまいます。

もし、銀行や消費者金融のカードローンを契約する場合は必要最小限に留め、一時的な借り入れの手段として活用することが他ローン契約の審査に与える影響を小さくします。完済後などは、一度解約してしまうということも検討する必要があります。一度審査を通過し、完済を行った上で解約する分には不利な情報とは基本的にはならず、優良契約者として認識されることになります。

キャッシングの審査は2段階用意されていることがある

消費者金融だけでなく銀行カードローンであっても、キャッシング申し込みをする前に仮審査や自動審査といった項目を見かけることがあります。本審査とは結果が異なることがあり、精度という面では信頼度が低いものの、無いよりはあった方が良いと考える人が多いです。仮審査と本審査の違いを知った上で申し込めば、慌てることが無くなるでしょう。

仮審査が行われる際には、本人確認が必要な審査は行われません。なぜなら、個人を特定した上で行なう審査ではなく、年齢・職業・勤続年数といった複数の項目を過去の貸付実績を基にしたデータから点数化して、貸付基準を満たしているかどうかを簡易的に審査するものだからです。

本審査に進んだ段階で本人確認を行い、個人信用情報機関へ信用情報照会を行った上で審査を行なうので、仮審査のみの申し込み履歴は他社には分かりません。仮審査段階で落ちる申し込みを抑止して、貸金業者側の手間を省く狙いですが、申込者側にとっても審査通過見込みが無い本申込を減らすことが出来ます。

短期間に複数の貸金業者へキャッシング申し込みを行なうことは、貸付リスクが高い申込者と貸金業者からは見做されてしまうので、同時申し込み数を最小限にしたい申込者にとっても仮審査制度はメリットがあります。

利用限度額の増額申し込みは消費者金融に対して有効です

銀行と消費者金融が行っているカードローンには、初回申し込み時に設定される利用限度額は余程の与信力がない限り、さほど高く設定されません。後から増額を狙うのであれば、新規申し込み直後に借入を行い、1度完済しておくと良いでしょう。利息が勿体無いと考えるよりも、利用限度額の増額申し込みに成功した時の金利引下げ効果を狙った方が、長い目で見るとお得だからです。

利息制限法では、10万円、100万円といった上限金利の区切りが段階的に定められているので、実際に借入を行っている金額が大きいほど金利は低く抑えられます。カードローンの特徴として、利用限度額内で契約期間内は何度でも借入と返済が自由に行えるので、実際には利用限度額に応じた上限金利を意識した金利設定が行われます。

現在設定されている利用限度額が、80万円の場合には収入証明書を提出して増額申請を行い100万円以上の利用限度額を設定してもらえれば、上限金利が18%から15%に下がるのでお得です。

銀行カードローンでは最初から15%以下に金利設定されているケースがあるので、一概に増額申請が良いとは限りませんが、消費者金融では一般的に増額申請を行って認められれば金利引き下げ効果が期待出来るでしょう。

キャッシングの返済計画の肝とは

お金を借りる方法としてキャッシングというのはなかなか悪くないです。それどころか非常にメリットがあるといえます。まず、担保が必要ありませんし、保証人も不要になります。ですから、非常に簡単に借りることができる可能性があります。そうはいっても返済をすることになりますから、少なくとも金利が低いところを狙う、ということくらいはしておいたほうがよいでしょう。

それだけでも相当に違うことになります。また、返済計画も借りる前からしっかりとやっておくことです。そうすることによって、安心できる借り入れとなるのです。具体的にどんなところが返済計画の肝となるのか、といいますと自分の収入です。返済をするときには自分の収入に余裕があってこそ、ということがあるのはいうまでもないことでしよう。

ですから、毎月いくらまでならば返済をすることができるのか、ということをキチンと把握することです。それによって、上手く借りることができるようになりますし、返済に繋げることができるようになるわけです。これがとても大事なことになりますから、忘れないようにしましょう。大事なのは自分の収入に見合った借り入れであり、キチンとした返済計画となるわけです。

安心して利用できるアコム

初めてキャッシングを利用する人にとって最初はとても不安を感じると思います。

私も実際一番最初の時はとても緊張して不安でした。

でもちゃんとした業者に行けば審査も迅速で対応も丁寧なので不安はすぐにでもなくなります。

私は特にオススメするのはアコムです。

やはりアコムはテレビでCMをしているだけあって安心して利用する事ができます。

分からない事があれば丁寧に対応をしてくれますし、審査が通ればすぐにでもキャシングの利用が可能です。

そしてアコムはちゃんと人を評価してくれます。

返済をきちんとしていけば評価してくれるので、上限額をすぐにあげてくれます。

初めての方は行動する前に色々とマイナスなイメージばかり持ってしまうと思います。

しかし何も行動する前からあれやこれやと考えてしまっては時間が勿体ないです。

ちょっとでもキャッシングを利用したいと考えているのであれば、行動に移すべきです。

そうすれば最初に感じていた不安なんてすぐにでも消えてしまいます。

私自身最初は不安でしたが、いざ行動に移して経験をしてみると、こんなに簡単にキャッシングの利用ができるんだって気づきました。

何事も経験が大事だと思います。キャッシングの利用ができるようになってから生活が楽になりました。

母の誕生日だったので、ちょっぴりキャッシング

来月ボーナスなのでと油断していたら、母の誕生日でした。

寒さが厳しくなってきたので、自分用のコートやショートブーツなどを量販店でまとめ買いしてきてから気付き、お財布を見ると手持ち金が寂しい感じでした。

同居しているので、しらばっくれる訳にもいかず、急いでコンビニに行き、アコムのキャッシングでお金を借りてきました。

以前借りて、カードはそのままお財布に入れてあったので、すぐに借りることが出来ました。

お守り代わりに入れておいたアコムのカードで、なるべくお世話にならないようにと思っていましたが、うっかり者の私には便利で助かります。

お給料やボーナスが出たら、ラクに返済出来る額しか借りないので、世間的に思われているようなキャッシングは怖いというイメージではありません。

借りる前は、確かに私もそんなイメージだったかもしれませんが、今ではうまく使いこなせているような気もします。

急な出来事でしたが、母の気に入ったコートをプレゼント出来たし、晩ご飯も母の好きな物をご馳走してあげられたし、何より母の喜ぶ顔が見られました。

ボーナスまで待ってと言おうと思えば言えたのかもしれないけど、年に一度の誕生日に、きちんとお祝いが出来て本当に良かったです。

銀行や消費者金融のカードローンの金利について

銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りる時は金利が発生するので利息が加算されていきます。利息が加算される事で返済する時の負担も大きくなってしまうのでカードローンのサービスを利用する時は金利の設定がすごく重要になってきます。そこで銀行や消費者金融のカードローンの金利について見ていく事にしましょう。

・基本的に上限金利が適用される

銀行や消費者金融のカードローンの金利は上限金利と下限金利があります。初めての借り入れをする時や少額の借り入れをする時は上限金利が適用されて多額の借り入れをする時に下限金利が適用されます。カードローンのサービスを利用する時は少額の借り入れをする事が多いので金利を比較する時は上限金利を見る必要があります。

・銀行と消費者金融で金利の設定が異なる

適用される事が多い上限金利の設定は銀行と消費者金融でも異なってきます。銀行の上限金利は14.5%前後に設定されているのに対して消費者金融は18%に設定されています。消費者金融の方が高く設定されているので金利を重視する時は銀行のカードローンを利用するのが基本です。しかし銀行によっては上限金利が消費者金融と同じぐらいに設定されている事もあるので注意が必要です。

利息以外にキャッシングを選ぶ上で考慮したいところ

キャッシングを定期的でも非定期的にでも使い続けていく上で考慮したほうが良い点があると私は思っています。それが何かと言いますと手数料です。コンビニのATMをキャッシングに利用すると手数料がかかってしまうのです。キャッシングの金額によってATM手数料は変化するのですがATMを利用するたびに100円程度のお金を利息の他に支払わなければならないのは大きいと思うのです。

キャッシングの金額が大きくなり1回に支払う手数料が200円になると1回で返済が終わったとしても借入時と返済時にATMを2回利用することになるので400円は手数料として負担しなければなりません。返済が数回になると手数料はそれだけ増えてしまいます。利息よりもATM手数料のほうが大きくなってしまう場合もあるかも知れません。

キャッシングを利用するときは借入利率や利息の面に意識が集中してしまいがちですが、手数料の負担も考えたほうが良いと思うのです。消費者金融系のなかにはグループ銀行のATMであれば手数料が無料となるところもあります。例えば、消費者金融系大手のプロミスではグループの三井住友銀行のATMを手数料無料で利用することができます。

キャッシングを賢く上手に利用していくために手数料も考慮して消費者金融を選ぶのが良いでしょう。