キャッシングの返済計画の肝とは

お金を借りる方法としてキャッシングというのはなかなか悪くないです。それどころか非常にメリットがあるといえます。まず、担保が必要ありませんし、保証人も不要になります。ですから、非常に簡単に借りることができる可能性があります。そうはいっても返済をすることになりますから、少なくとも金利が低いところを狙う、ということくらいはしておいたほうがよいでしょう。

それだけでも相当に違うことになります。また、返済計画も借りる前からしっかりとやっておくことです。そうすることによって、安心できる借り入れとなるのです。具体的にどんなところが返済計画の肝となるのか、といいますと自分の収入です。返済をするときには自分の収入に余裕があってこそ、ということがあるのはいうまでもないことでしよう。

ですから、毎月いくらまでならば返済をすることができるのか、ということをキチンと把握することです。それによって、上手く借りることができるようになりますし、返済に繋げることができるようになるわけです。これがとても大事なことになりますから、忘れないようにしましょう。大事なのは自分の収入に見合った借り入れであり、キチンとした返済計画となるわけです。

安心して利用できるアコム

初めてキャッシングを利用する人にとって最初はとても不安を感じると思います。

私も実際一番最初の時はとても緊張して不安でした。

でもちゃんとした業者に行けば審査も迅速で対応も丁寧なので不安はすぐにでもなくなります。

私は特にオススメするのはアコムです。

やはりアコムはテレビでCMをしているだけあって安心して利用する事ができます。

分からない事があれば丁寧に対応をしてくれますし、審査が通ればすぐにでもキャシングの利用が可能です。

そしてアコムはちゃんと人を評価してくれます。

返済をきちんとしていけば評価してくれるので、上限額をすぐにあげてくれます。

初めての方は行動する前に色々とマイナスなイメージばかり持ってしまうと思います。

しかし何も行動する前からあれやこれやと考えてしまっては時間が勿体ないです。

ちょっとでもキャッシングを利用したいと考えているのであれば、行動に移すべきです。

そうすれば最初に感じていた不安なんてすぐにでも消えてしまいます。

私自身最初は不安でしたが、いざ行動に移して経験をしてみると、こんなに簡単にキャッシングの利用ができるんだって気づきました。

何事も経験が大事だと思います。キャッシングの利用ができるようになってから生活が楽になりました。

母の誕生日だったので、ちょっぴりキャッシング

来月ボーナスなのでと油断していたら、母の誕生日でした。

寒さが厳しくなってきたので、自分用のコートやショートブーツなどを量販店でまとめ買いしてきてから気付き、お財布を見ると手持ち金が寂しい感じでした。

同居しているので、しらばっくれる訳にもいかず、急いでコンビニに行き、アコムのキャッシングでお金を借りてきました。

以前借りて、カードはそのままお財布に入れてあったので、すぐに借りることが出来ました。

お守り代わりに入れておいたアコムのカードで、なるべくお世話にならないようにと思っていましたが、うっかり者の私には便利で助かります。

お給料やボーナスが出たら、ラクに返済出来る額しか借りないので、世間的に思われているようなキャッシングは怖いというイメージではありません。

借りる前は、確かに私もそんなイメージだったかもしれませんが、今ではうまく使いこなせているような気もします。

急な出来事でしたが、母の気に入ったコートをプレゼント出来たし、晩ご飯も母の好きな物をご馳走してあげられたし、何より母の喜ぶ顔が見られました。

ボーナスまで待ってと言おうと思えば言えたのかもしれないけど、年に一度の誕生日に、きちんとお祝いが出来て本当に良かったです。

銀行や消費者金融のカードローンの金利について

銀行や消費者金融のカードローンのサービスを利用してお金を借りる時は金利が発生するので利息が加算されていきます。利息が加算される事で返済する時の負担も大きくなってしまうのでカードローンのサービスを利用する時は金利の設定がすごく重要になってきます。そこで銀行や消費者金融のカードローンの金利について見ていく事にしましょう。

・基本的に上限金利が適用される

銀行や消費者金融のカードローンの金利は上限金利と下限金利があります。初めての借り入れをする時や少額の借り入れをする時は上限金利が適用されて多額の借り入れをする時に下限金利が適用されます。カードローンのサービスを利用する時は少額の借り入れをする事が多いので金利を比較する時は上限金利を見る必要があります。

・銀行と消費者金融で金利の設定が異なる

適用される事が多い上限金利の設定は銀行と消費者金融でも異なってきます。銀行の上限金利は14.5%前後に設定されているのに対して消費者金融は18%に設定されています。消費者金融の方が高く設定されているので金利を重視する時は銀行のカードローンを利用するのが基本です。しかし銀行によっては上限金利が消費者金融と同じぐらいに設定されている事もあるので注意が必要です。

利息以外にキャッシングを選ぶ上で考慮したいところ

キャッシングを定期的でも非定期的にでも使い続けていく上で考慮したほうが良い点があると私は思っています。それが何かと言いますと手数料です。コンビニのATMをキャッシングに利用すると手数料がかかってしまうのです。キャッシングの金額によってATM手数料は変化するのですがATMを利用するたびに100円程度のお金を利息の他に支払わなければならないのは大きいと思うのです。

キャッシングの金額が大きくなり1回に支払う手数料が200円になると1回で返済が終わったとしても借入時と返済時にATMを2回利用することになるので400円は手数料として負担しなければなりません。返済が数回になると手数料はそれだけ増えてしまいます。利息よりもATM手数料のほうが大きくなってしまう場合もあるかも知れません。

キャッシングを利用するときは借入利率や利息の面に意識が集中してしまいがちですが、手数料の負担も考えたほうが良いと思うのです。消費者金融系のなかにはグループ銀行のATMであれば手数料が無料となるところもあります。例えば、消費者金融系大手のプロミスではグループの三井住友銀行のATMを手数料無料で利用することができます。

キャッシングを賢く上手に利用していくために手数料も考慮して消費者金融を選ぶのが良いでしょう。

キャッシングやカードローン、包括契約とは

キャッシングやカードローンには通常の契約と包括契約というのがあるのがご存知ですか。包括契約とは、期間や金額を詳細に定めずに、限度額を与えてその範囲内であるならば審査なしで追加の資金借入ができるといった契約になっています。新しい契約も一本の契約として、包括的に契約すると言った意味で、指定信用情報機関の情報にアクセスすると、この違いがわかったりします。

現在のキャッシングや銀行カードローンで主流になっている、残高スライド元利定額返済方式は期間を定めずに、金額も限度額の範囲内で何度も借り直す事が可能ですから、包括契約に該当します。対して普通の契約とは、元利定額返済方式の様に、24回払いなど一本の契約を行い、追加の借入を行いたい場合は別の契約を走らせると言った意味合いです。

無論、前者なら契約書を何枚も書く必要はなく、後者なら契約を作るたびに前の契約を破棄して新しい契約を作らないといけません。

便利な世の中になりましたね。

キャッシング業者のどこを比較するのか

いろいろとキャッシング業者があるわけですが、何処を比較すればよいのか、といえばまずそもそも使えるのか、ということです。利用できないのであればまったく意味がない、ということになります。その点においては出来るだけしっかりと把握したほうがよいでしょう。

要するになんといっても、貸しくれてこそ、ということになるわけです。キャッシング業者においてはまずはそこが肝心要になります。ですから、本当に困った時にいきなりいくのではなく、事前にカードを発行してもらっておくと非常に助かることでしょう。そうすれば、安心して利用することができるようになります。

そして、その後、とても重要になってくるのが金利です。金利が少しでも低いところにするのがキャッシング業者を利用する事において、重要になるわけです。その点をよくよく理解しておきますと業者選びに失敗することがなくなるでしょう。はっきりいって、このふたつ以外、比較するべきところはないといえるでしょう。ですが、それこそが難しいことになるでしょう。

やはり金利が安いところはどうしても審査が厳しくなってしまうからです。その点も注意しておきましょう。お金を借りる時には慎重に決めましょう。

お金を早く借りたかったので消費者金融にしました

消費者金融からお金を借りることに不安がなかったかと言えば嘘になりますが、できるだけ早くお金を借りる必要があったので消費者金融のキャッシングを利用してお金を用意しました。最初は消費者金融ではなく銀行を利用しようと思いました。

私は勤続年数が5年のOLで他に大きな借金もしていないので厳しいと言われている銀行の審査でも問題なく通るはずです。そう思って実際に申し込みをしようとしたところ銀行の審査は思っていた以上に時間がかかることが判りました。私としては1日か2日以内にお金を準備する必要があったので審査に時間がかかるのは問題外です。このような理由から不安はあったのですが審査が早く条件さえ合えば申し込みをしたその日のうちにお金が借りられる消費者金融に申し込みをしたのです。

大手の消費者金融であればそれほど不安を感じることもないだろうと思いテレビコマーシャルでよく観ていたアコムを選びました。アコムの公式ホームページを見て三菱UFJグループだということも判り安心感が増しましたし、30日間金利0円サービスがるのもメリットが大きく良いと感じました。

手続きは勤務時間中の休憩時間にスマートフォンを使って行い、翌日には私が指定した銀行口座に希望した通りのお金が入金されていしまた。銀行であればこれほどスピーディーにお金を借りることはできなかったはずです。無利息キャッシングも利用できて利息も安くなり本当に助かりました。今から思えばあれこれ迷わず初めから消費者金融にしておけば良かったと思っています。

おまとめローンの仕組みとは

おまとめローンとはどのような仕組みのローンなのでしょうか。

2社以上の貸金会社から借入をしている状態を多重債務といいます。

1社からの借入であれば月々の返済も、それほど負担ではないでしょうが、複数の会社から借入をしていると、返済額が重なって負担が大きくなります。

例えば月の返済が3万円のローンを3社と契約している場合、合計で9万円になります。月3万円なら大丈夫だろうと気軽に複数社と契約していると、返済が辛くなってしまうのです。

この重なった返済額を一つにまとめるのが、おまとめローンです。

まず、金融機関とおまとめローンを契約してお金を借ります。そのお金で、現在契約している複数のローンを全額返済し、完済することで毎月の返済を終わらせます。そしておまとめローンを契約した会社に毎月返済をします。このような仕組みとなっているのです。

一つにまとめることで、月々の返済額を今までより抑えることができ、返済の負担を軽くすることができます。

また、借入の総額が高くなることで、金利が下がることもあります。金利は借入が多いほど低くなる傾向があるので、返済総額を減らせるケースもあります。

しかし返済回数が長くなる場合には逆に返済総額が高くなることもあります。

おまとめローンを契約したあとは、新規の借入は避けるようにしましょう。金融会社によっては一括返済を求められることもあります。また、自身の返済の負担にも影響があるので、完済するまでは借入は控えましょう。

おまとめローンの利点

複数の業者から借り入れを行っていたり、多数の業者からキャッシングしていると、返済期限や返済額が全て異なってしまったり、金利や借入残高にも差異が見られるので借金の返済管理が難しくなりがちです。

また、少額ずつ複数業者から融資していると、大口で一つの業者からお借り入れする場合と比べ、どうしても金利もかさみがちです。

おまとめローンを活用すれば、一社からまとめて多額を借り入れられるので金利も節約し、現状よりも安く借り入れられるケースも増えますし、返済の手間や労力を月にたった一度きりで済ませられます。

一ヶ月に何度も返済期日に迫られるプレッシャーやストレスからも解放されますし、一社のみとの付き合いになるので心理的にも楽になり、借金の精神的重圧を和らげるためにもおまとめローンは便利です。

現状借り入れている業者より低金利の業者を探してローンをまとめると、総返済金額を大幅に減らせて利息の支出を節約できたり、債務整理に頼ることなく毎月の返済金額を減らせて借金返済の毎月の支出を抑えられたりもします。

借金の悩み軽減や返済額低下のためには、おまとめローンを組むと便利です。